SERVICE INFORMATION
欧州・アフリカ
欧州向けENS開始以降のDock Receipt記載事項に関するお願い
2012/06/04
去る2011年1月1日以降の船積み分よりEURO加盟国において貨物情報
事前申告制度(欧州24時間ルールENS)が施行され、EURO加盟国向け
またはEU加盟国を通過する全ての貨物に対し、本船が最初に寄港する
EURO加盟国の税関に、貨物積出港での船積み24時間前までにEDIによる
ENS (Entry Summary Declaration) の提出が義務付けられております。
EURO寄港地管轄税関では、この申告に基づいて
貨物のセキュリティリスクの評価を行い、評価によっては、
船積み不可(=Do Not Load) 等の処置を受ける可能性がございますので、
下記提出事項を漏れなくDock Receipt上に記載いただけますよう改めてお願い申し上げます。
<現時点でのENS情報の申告は船会社にて行われ、申告内容は
お客様にご提出いただいたDock Receipt (House BL) 情報が基本となります。>






Dock Receipt (House BL) 上の必須記載事項
  ①Shipper / Consignee 様の正確な名称・所在地
  ②Notify Party 様の正確な名称・所在地 (Consignee様欄がto orderの場合)
  ③全貨物の正確な品目名とHS Code(6桁)  **
  ④全貨物の荷姿と荷姿毎の個数
  ⑤貨物の総重量(Gross Weight)
  ⑥UN Code (危険品の場合)

.